Health & Beauty 美容と健康


data-ad-client="ca-pub-2878460899623526"
data-ad-slot="2869438011"
data-ad-format="auto">


【5】インスリン依存型と非依存型糖尿病の症状と経過

糖尿病のタイプ別症状と経過

 

 

 

■ インスリン依存型糖尿病の症状と経過

 

先ず症状としては急激に発症して
最悪の場合は昏睡状態に陥る危険もある。

 

 

これはインスリンの絶対量が不足している病気で
その為、インスリンの注射を
毎日打ち続けなければならない。

 

インスリン量が不足している為に
血中のブドウ糖が異常に増加して
体内で利用されない糖がオシッコに
出てくるのね。

 

それと同時に、排尿の回数が増えて
頻尿になり、同時に空腹と口の渇きが
併発する。

 

さらに
オシッコに排出された糖を補う為に、
人体を構成している蛋白質や脂肪が分解されて
エネルギーとして使用される為に
体重が減少して疲れ易くなるのが特徴的病状ね。

 

強度の睡魔に襲われたり
セックスでの勃起不全になる事もシバシバ起こる。

 

 

さらにさらに
脂肪が多く分解されてしまうと
ケント体と呼ばれる物質が体内に蓄積されて
これが恐ろしい糖尿病性昏睡を誘発する。

 

歩行中でもこれが起こると
突然転倒して意識不明になる。

 

 

 

 

■インスリン非依存型糖尿病は

 

初期には自覚症状がなく
症状が出てからでは
合併症の進行抑制が困難になる。

 

この非依存型糖尿病は徐々に進行するので
口の渇きや、頻尿、多食等の自覚症状が
出るとは限らないのね。

 

むしろ
普段の生活と変わらない為に
本人が気づく事はまれで
健康診断などの際に発見される事が多い。

 

たまたま発見されても
病気の症状が自覚されないので
生活習慣の改善を疎かにしたり

 

血糖値が正常に戻ると
病気は治ったと早合点して
以前の食生活にユータンしてしまう
ケースが多いの。

 

前にも触れた様に
糖尿病にかかると体内での
インスリン作用が弱くなる為に
ブドウ糖、蛋白質、脂肪が上手く利用できなくなり
利用されないこれ等の要素が
血中に増えてきて
高血糖
高脂血症
等の症状が出てくるのね。

 

 

この結果
血管壁の細胞や神経を取り巻く細胞の新陳代謝が乱れて
細胞は破壊され、腎臓、目の網膜、抹消神経等に
合併症が深く静かに進行してくる。

 

合併症の進行がすすむと
眼底やリンパ線の毛細血管が破裂して
最悪失明や、歩行困難で車椅子生活を余儀なくされる。

 

 

 

 

対策としては
自覚症状の有無にかかわらず
適切な食事と効果的な運動を心がけて
生活習慣の厳しい管理が求められる。

 

一旦合併症が発病してしまうと
その後、糖尿病のコントロールを良くしても
合併症の進展を阻止するのは
非常に難しくなるからです。

 

 

追伸

 

飼い主も使える
糖尿病ワンちゃん用管理食ドッグフード
食事管理が必要であり、
療法食・ドッグフード

 

病院で流通している大手海外メーカーの療法食
(ロイヤルカナン社・ヒルズ社などの商品)は、
安全性や食いつきに問題がある事を」
多くのユーザーが気づいており、
この商品が選ばれる一因となっています。

 

病院流通の大手メーカー商品と比較し
「自然原料」「自然を活かす製法」「国内生産」
「食いつきの良さも追及」といった点で優れている。

 

特定の1疾患ではなく、併発しやすい
7疾患を全てカバーしている。

 

該当疾患は、食事管理(食事療法)が必須である。

 

本品は、今までになかった「犬のナチュラル療法食」
動物薬事法上も問題なく、
「犬の病気の食事管理」を提供しています。