Health & Beauty 美容と健康


data-ad-client="ca-pub-2878460899623526"
data-ad-slot="2869438011"
data-ad-format="auto">


【4】メタボリックシンドロームには内臓脂肪型と皮下脂肪型の二種類ある

メタボリックシンドロームの発症原因とは?

 

 

これはもう周知の事実ですが、原因は「食べ物の過剰摂取癖と運動の過小癖」です。

 

太りたければ毎日好きな物をばりばり食べて、ごろごろしてれば必ず肥満体になります。
肥満とは体内に脂肪が過剰に蓄積される状態の事で、脂肪が皮下(腹筋と皮膚の間)に
溜ると皮下脂肪型肥満、内臓の周囲に溜ると内臓脂肪型肥満と呼ばれます。

 

 

 

 

メタボリックシンドロームの発症原因は二番目の内臓脂肪型肥満と関係しています。

 

内臓に脂肪が蓄積されると血液中の中性脂肪が増加する為に、脂肪細胞中から
分泌異常が誘発されて、血糖値や血圧が高くなってきます。

 

 

 

これががメタボリックシンドロームの状態です。

 

メタボリックシンドロームは一言で言えば「新陳代謝」の事で
要は体に必要な物を取り入れたり、有害な物を無害化する機能の事で
この機能が過剰な内臓脂肪によって糖分や脂質などのバランスが崩れて
無害化の機能が衰えてしまう状態を言います。

 

 

これでお分かりと思いますが、事の始まりは内臓に蓄積された脂肪によります。

 

 

内臓脂肪が蓄積され易い体質は男性、女性どっちかでしょうか?

 

一般的には男性は内臓脂肪が溜まり易く、女性は皮下脂肪が溜まり易いと言われます。

 

それは女性ホルモンとの関係が推測されている様ですが、しかし、閉経誤には女性ホルモンの
分泌量は減少し、女性も男性と同じ様に内臓脂肪が蓄積され易くなるので注意が必要です。、

 

 

最後までお付き合い下さいまして有難うございました

 

それでは又このサイトにお出で下さいますのを
 心からお待ちしております

 

 See you again soon & Have a nice day 再見!