Health & Beauty 美容と健康


data-ad-client="ca-pub-2878460899623526"
data-ad-slot="2869438011"
data-ad-format="auto">


【17】糖尿病と食事の二位一体的関係(両者は切り離せないもの)

糖尿病と食事の二位一体的関係(両者は切り離せないもの)

 

糖尿病はインスリンの作用不足により
食物として摂った栄養素が体内でうまく利用できない為に
血液中のブドウ糖の量(血糖値)が
普通よりも多くなった状態を言うのね。

 

 

 

前のブログでも言及したけれど
糖尿病には二種類のタイプがあり

 

日本人に多いタイプは
成人によくみられる「インスリン非依存型」で
遺伝的なDNAに加えて
肥満、食べ過ぎ、運動不足、ストレス過剰
などが引き金となり発症するけど
病気の初期段階では殆ど症状が現れないのよね。

 

この病気の治療法は
先ずは食事療法と運動療法のコンビで
その次に
経口血糖降下剤やインスリンが使用されのだけれども

 

先ずは食事療法が糖尿病治療を行う上で
必要不可欠な要素なのね。

 

糖尿病の食事療法の狙いは

 

■体内のインスリンの需要を節約する事

 

■インスリンの働きに合わせて
 摂取する食物を必要最低量に抑えて
 インスリン需要のバランスをはかり
 血糖をコントロールする事。

 

■肥満の是正、脂質代謝の改善によって
 糖尿病特有の合併症や動脈硬化の進捗を阻止し

 

健康を保ち長寿を全うする事にあるのね。

 

 

 

食事療法の基本

 

糖尿病の食事療法で必要な事は次の3点

 

 

@ 一日に摂取するエネルギーを最低必要量にする

 

一日にどのくらいのエネルギーを取ったらいいのか?

 

年齢
性別
身長
体重(肥満度)
運動量
病気の程度
合併症の有無

 

などを考慮して
本人にとって最も体調の良い体重が維持され
活気に満ちた社会生活を送る為に必要な量が
担当主治医によってアドバイスされる。

 

 

簡単に目安を得るには

 

標準体重と体重1kg当たりの運動量に見合った
エネルギー量を掛け合わせて
一日の目安を求める。

 

 

標準体重の求め方は種々あるが
代表的なものとしては

 

Broca桂変法

 

(身長cm)−100)× 0.9 = 標準体重

 

BMI(Body Mass Index)

 

 身長(m)の2乗 × 22 = 標準体重

 

 例えば

 

 私場合には 身長1.7m × 1.7 =2.89
 標準体重 =2.89 × 22 =63.58kg

 

 現在の体重は60kgなので健康体重って訳ね。

 

 

従って
下に述べる様に 
一日の総カロリー量は1500〜1800を取っていれば
余計な脂肪が付く心配はないのよね。

 

 

なお
肥満していない成人でデスクワークが主な仕事なら
標準体重1Kgあたり1日25〜30カロリーとし
標準体重が60kgなら
一日の総カロリー量は1500〜1800

 

 

肥満体なら1日 1日 20〜25カロリー
標準体重が60kgなら
一日の総カロリー量は1200〜1500位にして
ダイエットするのね。

 

 

 

肥満の判定法

 

身長が160cm  体重が 60kgとしたら

 

1.6 × 1.6= 2.56
60 ÷ 2.56 = 23.4

 

これはBMIの測定法で
男性が27
女性が25以上は肥満と判定されるのね。

 

 

 

続きは次のブログで・・・

 

 

 

 

消費者庁が受理した疲労感に関する機能性表示食品☆彡

 

元気ドリンク『イミダペプチド』の
94%実感モニターを応募します!!


 

「ためしてガッテン」「本当は怖い家庭の医学」等、 多くのマスコミにも注目される話題の鶏胸肉抽出イミダペプチド飲料。

 

『疲れ知らずの渡り鳥に学べ!』1万キロ以上を休みなく飛び続ける渡り鳥。

 

※イミダゾールジペプチドご紹介サイト→http://japanpm.com/

 

鶏胸肉に豊富に含まれるイミダペプチドは摂取された体に吸収された後も筋肉に取り込まれる事が知られています。その鶏胸肉抽出したイミダペプチドの含有ドリンクです

 

 

 

 

 



糖質制限食品がブームとなりつつありますが
麺においては「こんにゃく」や「大豆」を使ったものが殆んどです。

 

低糖食堂では糖質量を抑えながら美味しさにこだわり
生めんタイプの低糖質麺をつくりました。

 

スープ・薬味も同様に糖質量にこだわり
麺・スープ・薬味を合わせた糖質量は約21gです。(ご飯1杯の半分以下) 


 

■・炭水化物を控えている  ■ダイエットをしている ■お腹周りが気になる ■体重が気になる 
■糖質量が気になる

 

方など ダイエットや様々な理由で糖質が気になる。 でもラーメンが食べたい。 そんなお客様に、オススメです。